「機械式計算機の会」設立の趣旨

「機械式計算機」は日本では明治36年 矢頭氏の発明が嚆矢とされ、欧米においては1892年頃から商品として登場し、以後 産業の発展 と共に国内外共にその性能を高め、「計算」のあるところ「計算機」あり、でした。
昭和39年頃、卓上式電子計算機(電卓)の登場で 性能や価格、便利さが格段に優れた電卓により、急速に机上から消えて行った 「機械式計算機」ですが、その時代時代の精密機械工作や製造技術の集成であり、現代ではまさに産業文化遺産とされるものです。
機械式計算機は「電卓」のその後の急発展によって極めて短期間にその存在を「電卓」に取って代わられ、机上から 姿を消しました。今その存在を知る人も高齢化し、その姿は一部の博物館・資料館やTVのトーク番組の背景の一部にチラッと見る位です。
また博物館・資料館の展示についても、計算機についての正確で適切な説明を欠いたり、立派な昭和10年代の時代展示コーナーに昭和30年代 製造の計算機が展示されていたこともあります。

電子工学・コンピュータの急速な発展以前の時期に、研究・産業に大きな役割を果たしました「機械式計算機」について、 産業文化遺産としてその破棄の防止と適切な保存と調査・研究を行う団体として、2000(H12)年7月に「機械式計算機の会」として発足しました。
以後 2004(H16)年6月には、事務局長 渡辺祐三 が 東京理科大学生涯学習センターの講座で「日本の機械式計算機の歴史と手動式計算機の構造」 の題目で講演を行いました。
現在「計算の原点」という観点から、急速に発展したコンピュータ(大型スーパーコンピュータからパソコン、携帯電話を含む)を利用した、「情報処理」 の基礎講座に「機械式計算機」を取り上げる大学も多く見られるようになり,その講義に使用する教材及び標本としての、機械式計算機の入手や貸出しに 協力して参りました。
また 各地の博物館・資料館の展示や体験用計算機について、整備等の協力を行ってきました。

特定非営利活動法人(NPO)として 認証

任意団体として機械式計算機の研究・保存のため、各方面に資料の入手など「取材」活動を行う場合 時として 協力を得られない場合がありました、また活動のためには 多くの会員の参加と組織の整備が必須のことと感じられました。
「機械式計算機」自体を広く世間に知って貰うためにも、法人格を持っていることが必要と感じられ、定款等を整備し認証を申請し、 2005(H17)年2月、認証されました。

この10年間「機械式計算機」の保存・展示されている博物館などの情報をお知らせしたり、機械式計算機の技術、機構などの「ハード」面のみならず、どのような時代背景のの元に、 どのように使用されて来たかの「ソフト」面についても、調査研究し会報に発表してきました。
NPOとしての事業活動の重要な部分を占める会報は「隔月発行」を守って発行し、初期段階では閲覧はオープンでしたが、会員限定となりました。
情報の宝庫としての Web上で日本の計算機のデータの訂正申し入れを行ったことが契機となり、Rechenmaschinen-Illustrated (*1)サイド(英文)に日本の 計算機を正確に紹介して貰っています。
事業活動として、大阪大学総合学術博物館のリニューアルオープンに際して、工学部からの機械式計算機関係の展示品を選定、修復作業を行いました、また各地の資料館、団体に「体験用計算機」「構造見本機」を寄贈してきました。

(*1)会員サロン・リンクのページから入れます。

特定非営利活動法人 機械式計算機の会 解散

会の事業活動・運営管理全般を行っていた、専務理事 渡辺祐三 が体調不良のため辞意を表明、後任を得られずNPOとしての事業活動と運営が不可能となりましたため、2010(H22)年5月、臨時総会にて会員の90%の承認を得て 「総会決議」で解散しました。

任意団体 機械式計算機の会 発足
「機械式計算機の会」としての10年間、「機械式計算機」を愛される方、「メカ」好きな方、「計算」を研究される方、とめぐり合えたことは、かけがえの無い事でありました。
NPO 5年間の年月は、各方面に「機械式計算機」の認識が「少しづつ」深まり、NPOとしての「肩書き」が無くても、各方面の協力が得られると感じております。肩の力を抜いた「緩やかな」会則で、任意団体の「機械式計算機の会」を、2010(H22)年11月、再発足させました。
「機械式計算機」の好きな人、「メカ」に興味を持つ方、「古いもの」に愛着を持っておられる方々の「サークル」として、楽しんで行こうと考えております。 また これまでの会員の方で、多趣味な方(鉄道、航空機、自動車、切手、ワイン、etc)も多かったので 機械式計算機に限らず、会報等で交流の場を持ち 楽しい趣味の世界を広げることも出来ると思って降ります。

会員として ご参加をお願い致します

出来るだけ多くの会員の参加を願っております、趣旨と 会則ををご覧になりご賛同を戴ける皆様に、「正会員」としてご入会をお願い致します。 また、企業・団体としては「賛助会員」としての、ご入会をお願い致しております。
連絡方法は 下記の[会 案内]をクリックして下さい。

トップページに 入会手続き、所在地、連絡先など 「機械式計算機」の歴史や定義など 機械式計算機の頒布、メンテナンスなど