機械式計算機 の 修復について、 工房游次

2004(平成16)年 ある博物館から展示・動作可能とする修復の発注を戴いたことを機に「機械式計算機」の修復を を行うこととなりました。

以後 依頼された「手動式計算機」を中心として、内外の「機械式計算機」の機構の分析・研究と 修復のためのオーバーホールや修理をを行っております。
ただ、「電動式計算機」については、特定機種を除き経験もありませんし「モーター」も含めた「電装品」の劣化は著しいものがあり、 当然代替えの部品もありませんし、動作したとしても絶縁不良などが発生するのが予測され、安全面で保障出来ませんのでお断りしております。

「産業文化財」としての「機械式計算機」が、使用されずに「放置」されていた期間が長かったためと、 保存が「粗略」に扱われ、使用されていた全盛期の状態から程遠い、劣悪な状態にあることが多く見られます。
少しづつでも良い状態に戻して行き、後世に伝えることが出来るよう努力して行きます。


機械式計算機 の 修理依頼について

「機械式計算機」は商品として製造終了後 30年以上を経過し、製造が1930年代の機械も存在する、 また 生産した国、会社、機種等 多岐にわたり 非常に「メンテナンス」の,やり難い機械と言えます。

その為、「修理価格表」というものを作成できず、その機械の「状態」を見てから、 まず修理可能か?修理出来ないか?の判断から始まります。
また、修理依頼される方の「目標」も重要な判断材料です、単に「動けば良い」から、正常に動く「完動品」で塗装もし直す という範囲があります。

「機械式計算機」を修理しようとされる場合やお問合せは先ず 下記の「連絡先」の画面から必要事項をご連絡下さい、メールをご利用で無い方は FAX (03-5297-7153)にて必要事項をご連絡を お願いします。
当方から ご返事を致します、細かい点もありますので、当方から電話で確認することもあると思います。

<作業の手順>

1、宅配便にて、お送り下さい。
2、見積りをお送りします。
3、ご確認後に作業着手します。(見積り金額にて「修理せず返却」の場合、見積り作業代 5,000円+送料を戴いております)

金額の点で「見当」として、下記を参考にして下さい。

・ メーカー名 : タイガー計算器。
・ 機種名 : (5期)H62-20 (国内で最多出荷台数とされる)。
・ 状態 : ハンドルの回転が重い、
・ 修理目標 : オーバーホールをして、通常の使用可能状態に。
・ その他 : 外装部品の欠品無し

オーバーホール 27,000円(税込み)送料別途(宅配便)

作業日数 上記内容で 着荷後 6営業日を標準とします。

*請求等の事務作業は「ワタナベ技研」が代行しております。


メンテナンスの問合せは


前のページに戻る