タイガー計算器 H62-20 構造見本機

写真面クリックで戻る

機械式計算機 タイガー計算器(第5期)H62−20構造見本機、内部機構の解説と操作説明書付き。教育関係、博物・資料館、研究者、コレクターに好適品。 
タイガー計算器 「タイガー計算器」は、1923(大正12)年 販売を開始し、以後手動式計算機で日本国内で圧倒的なシェアを持ちました。
電卓の登場により、生産終了まで約50年間約50万台の計算機を送りだしました。
出品の機械 タイガー計算器 (5期)H62−20 構造見本機。単に「カバーを外しただけ」の「スケルトンモデル」と称されているものもありますが、この機械は各部の機構が直視できるように作られています。
特に タイガー計算器 (第3期)以降の「扇形歯車方式」は心臓部が直視出来ません、生産性に優れ市場に大きなシェアを持つことが出来た「要素」は、この見本機でのみ その動作が直視出来ます。
また 計算機の根本的な機構「桁上がり」「回転数カウント」「桁送り」も、通常の操作で確認出来るようになっています。
この同型機は以前 質の高いコレクターが多いヨーロッパに出荷され、評判を得ています。
説明書 計算機の内部機構をすべて、画像を多く 判りやすく説明し、この構造見本機を使用して 計算の原理が目視できるよう、
操作の説明も付けています。A5版 32ページ。


このフォームは フリーソフト 
Y!Assist (Ver. 1.60) によって生成されています。