現代「計算」と言う作業に使用するものと言えば、「電卓」「パソコン」「コンピュータ」が直ぐに出てきて、全部「電子」であり 夫々登場の初めには「電卓が電子式卓上計算機」であり「コンピュータが電子計算機」と称され、「電子」が付いていました。
このことは「電子ではない計算機」が存在していたことで、その主体が「機械式計算機」でありました。
 
当時の精密機械技術の発展と工業素材の発展とが相俟って「産業文化財」として残るような「機械式計算機」が社会に大量に出回り、社会の発展に大きく寄与していました。
現在 機械式計算機の会 で研究・調査の対象の中心が「手動・電動四則計算機」でありますが、「手動・電動加算機」「会計機」についても、関連する「タイプライタ・プリンタ」「金銭登録機(レジスター)」も含めて、奥深い分野であると考え この分野でも 研究・調査が進まれることを期待されます。
 
 
手動・電動加算機
                    
@ A加減算器 Bフルキー手動・記録式加算機 C電動・記録式加算機
 
上の写真は 代表的な機械の一部です、数多くの機種が多くの年代に渉り出荷され、最終期には加算機構を基に「四則演算」を行う機械も出現しました。
             @〜B近代科学資料館 C(株)タイガー 所蔵品
 
 
手動・電動四則計算機
@手動計算機 191X  A手動計算機 196X  B電動計算機 195X
 
金銭登録機(レジスター)・会計機
 
 
@機械式金銭登録機 TEC35年史から ANCR会計機31号 日本NCR提供
 
金銭登録機(レジスター)は その後急激に電子化され、簡易な「電子レジ」とシステム化した「POSレジ」に進化しました。
会計機 は、リレー(継電器)使用などありましたが、電子化され「オフコン」と呼ばれるようになりました。